よくある質問

小中高生の正規留学に関する質問事項

 

正規留学をする年齢はいつがベスト?

7~8歳から留学可能ですが、あまり年齢が低いうちから留学すると日本語の読み書きが不自由になる可能性があります。12歳を超えると英語の壁があつくなりますので、9歳か10歳くらいからの留学が理想的と言えるでしょう。トップパブリックスクール(13歳~)をねらうには、準備期間もいれて9歳までの留学が不可欠となります。

 

留学期間は何年?

いったんイギリスの教育システムにのってしまえば、日本の教育システムに戻るのはとても大変です。中途半端な期間留学してしまうと、日本にもイギリスにも適応できないことになりますので、あらかじめしっかりと留学期間を決めておくか、留学後1年以内にイギリスで義務教育まで終了するか日本に帰るかを決めたほうが良いでしょう。

 

留学スタート時に英語力はどのくらい必要?

小学校低学年での留学は英語力初中級でも可能、小学校高学年での留学は英語力中級、中高生での留学は英語力中級以上、が必要です。

英語力の目安:

小学生:A2~B1、英検準2級~2級
中学生:B1~B2、英検2級
高校生:B2~  英検準1級~
大学生:C1~  英検準1級~1級

年齢が低ければ低いほど留学時の英語力を問われずに入学許可がおります。英語力が足りない場合は、現地校に入学する前に外国人のみが行く準備校で数ヶ月~数年勉強した後現地校を受験するか、現地校の中のインターナショナルコースで勉強するかになります。

 

正規留学の費用はどのくらい?

ボーディングスクール(寄宿学校)の学費は1学期1万ポンド前後です。これにガーディアン費用、航空券代(年3回)、ハーフタームや週末外泊代、スポーツや音楽の個人レッスン代、学校の遠足やトリップ代、などが加算されます。すべてあわせて、年間4万ポンド前後となります(1ポンド170円=約680万円)。学費は毎年数%値上げされますし、換算レートの変更も考慮されて、予算を多めに見積もられることをおすすめします。

 

短期(1~2年)で正規留学は可能?

留学生を積極的に受け入れている学校は、1年~から受け入れています(ただし学年にもよります)。授業についていける英語力がない場合は、主要教科は外国人のみの授業となり、音楽やスポーツはイギリス人生徒と一緒に、などレッスンによって分ける場合もあります。GCSEやAレベルが始まる年齢(15歳以上)になると短期留学は難しくなりますが、外国人用にGCSE1年コースを設けている学校もありますし、学年を1つ落として入学することも可能です。

 

ジュニアホームステイに関する質問事項

 

航空券は自分で手配するの?

航空券はご自身で手配をお願いします。特に予約がとりにくい時期は早めの手配をおすすめします。同時進行でホームステイの空き状況も確認しつつ、ホームステイが確定後に航空券を確定されるのがベストです。

子供を一人で海外へ行かせるのは初めてで心配

弊社はイギリスのエージェントですので、現地でのサポートはおまかせ下さい。飛行機はお子様一人旅サービスをご利用になられますと出発から到着まで航空会社のスタッフが付き添います。空港では日本人スタッフがお出迎えし、ホームステイ先まで専用車で送迎致します。到着後、スムーズにホストファミリーとの生活が始められるようにオリエンテーションを行い、日本語ですべてご説明致します。滞在中も折に触れホストファミリーに様子を伺ったり会いに行ったりします。

 

英語をほとんど話せませんが大丈夫?

皆最初は英語を話すのに躊躇していますが、少し慣れてくるとなんとか意思の疎通はできるようになります。肝心なのは話そうとする努力ですので、あまり最初から心配しすぎないほうがうまくいくようです。ホストファミリーは英語が苦手な外国人にとても慣れていますので、うまく話せないからと言って怒り出すことはありません。ただお部屋にとじこもったり、会話しようとしないなどすると、英語が通じないだけにホストファミリーはとても困惑&心配します。何か問題がある場合は、現地日本人スタッフに必ずご相談下さい。

 

お小遣いはどれくらい用意すればいい?

ジュニアホームステイの場合は全て料金に含まれていますので、お小遣い=お土産やおやつ代くらいです。目安としては1週間に75~100ポンド、もしお土産を大量に買わなければいけない場合は、お土産代として別途100ポンドを持参されると良いでしょう。

 

ホストファミリーの希望は聞いてもらえる?

ご希望のホストファミリーを前もってお聞きしますが、必ずしもすべてのご希望通りになるとは限りません。動物アレルギーがある場合は、ペットのいないご家庭をご紹介致します。

シャワーではなくお風呂に入ってもいい?

もちろんかまいませんが、事前に必ずホストファミリーに了承を得てください。イギリスではお湯が貴重ですので、何度もお湯を入れ替えたり、毎日のようにお風呂に入るのはひかえたほうがよいでしょう。

 

持ち物は何が必要?

動きやすい普段着、辞書や筆記用具、ホストファミリーへのおみやげ、など。タオル、ドライヤーはホストファミリーから貸してもらえます。シャンプーや石鹸なども家においてあることがほとんどです。電圧器は必要ありませんが、プラグは必要です(3つまたの四角形BFタイプ)。

 

インターネットは使える?

ほとんどの家庭にWIFIが入っていますが、まれに入っていない家もあります。その場合は事前にお知らせ致します。

 

オプショナルツアーは何がある?

ジュニアホームステイの場合はロンドン観光が含まれています。その他オックスフォード、ハンプトンコート、ウインザー城、ハリーポッターミュージアム、コッツウオルズ1日観光などがあります。ご希望の場所があれば催行出来る場合もありますので、事前にお知らせください。

 

 サマースクールについての質問事項

 

航空券は自分で手配するの?

ご自身で手配をお願いします。サマースクールの空き状況とあわせて航空便の空き状況をお調べください。サマースクールが確定するまで、航空券の購入はお待ちください。

 

子供を一人で海外へ行かせるのは心配

年齢の低いお子様を一人で行かせるのはとても心配なことと思いますが、7歳からほぼ全員が一人で参加しています。航空会社のお子様一人旅サービスをご利用になられますと、出発から到着までスタッフが付き添いますし、空港には弊社の日本人スタッフがお出迎え致します。学校では先生やスタッフが寮に住み込みでお世話をしてくれます。英語がわからなくても他の参加者と一緒に何とか乗り越えるものですが、もし2~3日たってもホームシックがぬけないようでしたら日本人スタッフが様子を見にお伺します。日本からあまり連絡をいれないほうがうまくいくようです。

 

服装はどういったものを用意すればいい?

カジュアルで動きやすい普段着、スポーツ時に着用する上下、長袖のカーディガンやコットンセーター、雨天時に着用するフードつきコート、などをご用意下さい。またパーティー時に着用できるようなきちんとしたスカートやズボンを1着ご用意下さい。靴は普段靴とスポーツ用シューズ。最終案内時に持ち物リストをお送り致します。

 

洗濯はしてくれますか。着替えは何着くらい必要?

洗濯は学校によりますが、週2~3回はしてくれます。洗濯に出してから戻ってくるまで3-4日かかりますので、着替えを最低5日分はご用意ください。

 

お小遣いはどれくらい用意すればいい?

週100ポンドが目安です。遠足時の飲食やおみやげ代です。お土産を大量に買う必要がある場合は、お土産代として別途100ポンドをご用意下さい。

 

貴重品はどのように保管される?

パスポートや薬、お金などは到着時に寮母さんや学校事務所に預け、必要に応じてもらい受けることになっています。預けずにお部屋にそのまま置いてあったものが紛失した場合、学校は責任を負いませんので、必ず預けるようにしましょう。

 

日本から連絡をとるにはどうすればよい?

日中はレッスンやアクティビティでとても忙しいので、ランチ時や就寝前に電話、ライン、スカイプで連絡をとるのがよいでしょう。ただ便りのないのは良い知らせと考えて、あまり頻繁に連絡をとることは避けたほうが良いでしょう。

 

食べ物アレルギーがあるので食事が心配

事前にアレルギーのある食品をお知らせ頂ければ、学校に連絡し特別食を用意してもらいます。

 

開始日~最終日に合わせることが出来ないのですが・・

サマースクールの日程にあわない場合、フレキシブルに対応してくれる学校とそうでない学校があります。学校に問い合わせてみますので、まずはご相談下さい。

 

病気になった時はどう対処してくれる?

学校には資格を持ったナースが常駐しています。ナースから必要に応じてドクターの診察の予約をいれてもらいます。緊急の場合は近くの病院へ連れて行ってくれます。サマースクールによってはコース参加中の保険がコース費用に含まれていますが、個人でも海外旅行保険に加入しておくことをお勧め致します。

 

様子を見に行ってもいい?

事前に学校の許可を取る必要があります。ご家族や友人の訪問は控えてほしい学校もありますので、必ず事前に確認をしてから訪問して下さい。

 

学校や寮にWIFIは入っている?

ほとんどの学校に入っていますが、場所によっては繋がりにくかったり、特定のSNSはブロックされているところもあります(FBやスカイプなど)。

 

お部屋のリクエストは出来る?

寮のお部屋はほとんどが2人以上でシェアをするようになりますが、1人部屋がある場合はリクエストは出来ます。国籍が同じ参加者は同室にならない配慮がされていますが、友人同士や兄弟姉妹で同じお部屋などのリクエストは出来ます。

 

 

英国へのお問い合わせはinfo@robinedu.com スカイプでのご相談はyumiko dasilva 英国へのお問い合わせは
ページトップへ戻る